本文へスキップします。

h1

帯電防止剤

コンテンツ

「帯電防止剤」とは?

ポリエステルやナイロンは、繊維自体の水分率が低く帯電しやすい素材です。

帯電防止剤は、衣類着用時の摩擦による静電気トラブルを防止するとともに、縫製時の埃付着防止、仕上げセット時の機械巻きつきトラブル解消にも役立っています。

メカニズム

帯電防止剤

繊維を摩擦すると帯電します。
  帯電量=[発生量]- [漏洩量]

帯電量は、物質の物理・化学的性質、周囲の条件によって左右されます。

帯電防止剤は、以下の方法で帯電量を減らします。

【吸湿性の付与】
・繊維表面に親水性を付与
 水は電気伝導率が極めて良好

【イオン性の付与】
・電気伝導性の向上
・チャージの中和
  ポリエステル:(-)に帯電 → カチオン(+)が有効
  ナイロン:(+)に帯電 → アニオン(-)が有効

【摩擦抵抗の低下】
・スベリ成分の付与
 摩擦による静電気発生の抑制

「帯電防止剤」製品名

【参:日】お問い合わせはこちら