本文へスキップします。

h1

精練剤

コンテンツ

「精練剤」とは?

準備工程とは?

精練は、繊維に付着する疎水性不純物を、繊維をなるべく傷めずに除去し、次の染色・仕上加工におけるトラブルを防止するための準備工程です。
織物や編物に付着している糊剤や平滑剤、織り込み汚れ、スレ汚れなどの疎水性不純物を効率的に除去することが求められます。
素材の種類、組織、付着汚れの種類により加工方法や使用する薬剤は異なり、精練剤に要求される性能も異なってきます。

【一次不純物】
 素材が本来持つ天然の夾雑物:
 ペクチン質、綿ロウ、脂肪質、タンパク質、無機物(金属質)、 色素成分

【二次不純物】
 人工的に付与したもの:
 紡績油剤、ニッティング油剤、針油、糊剤、ワキシング剤、錆、塵埃、スレ汚れなど

メカニズム

精練剤

精練剤の主成分である界面活性剤は、親水基と親油基から構成されており、浴中で界面活性剤ミセルを形成します。界面活性剤の親油基が繊維に付着した油剤に吸着し、ミセルに取り込むことで乳化作用を発揮。また、親水基の働きにより、油剤を取り込んだミセルが浴中に安定に分散されることで、繊維に付着した油剤汚れが除去されます。

「精練剤」製品名

 

サンモール シリーズ
ピッチラン シリーズ

【参:日】お問い合わせはこちら